Four-Cs

Manufacturing Process

結婚指輪の製造方法のご紹介

鍛造(切削)製法

鍛造(切削)製法のモデル例

地金を加圧しながら板状に延ばす圧延工程プラス材料を引っ張りながら成型する伸線工程により、金属の密度が高まり硬度が上がります。

ロウ付け技術の進歩により材料の硬度を落とすことなく製品化することが可能になりました。

切削加工することにより、様々なデザインへの対応が可能です。

工程

1.材料の事前加工

溶かした材料をローラーで加圧して延ばし、板状にします。

その後、ダイスという金属板に材料を通し、引きながら形状を整えます。

2.材料の切断

加工する板をサイズに合わせて切断します。

3.丸め

切断した板材の角に角度をつけて削り、切断面を合わせます。

4.ロウ付け

金属は熱されると硬度が下がる性質があるので、接合部だけを熱する電気ロウ付けにより、全体の硬度を保てるようになりました。

5.サイズ出し

サイズに合った金属の棒をリングに通し、リングのサイズ・形状を整えます。

その後、切削加工して製品化します。

Copyright ©1997- Four-Cs Tsuchihashi Inc. All Rights Reserved.