Four-Cs

Care

アフターケアー

アフターケアー

こちらでは、ご購入時の輝きを極力保ち、お買い求めいただいたジュエリーを末永くお使いいただけます様、お客様ご本人が手軽に出来るアフターケアーの方法をご説明させていただきます。

ダイヤモンドジュエリー

ダイヤモンドジュエリーは、ヘアースプレーや汗、ほこり等で表面や裏側に皮膜ができたり汚れがたまり、本来の輝きが発揮できなくなることがあります。

手軽なダイヤモンドジュエリーのお手入れ方法

あなたのダイヤモンド リングを購入時の輝きに戻しましょう。

● 用意する物

要らなくなった歯ブラシ、石鹸、ティッシュ

● 作業場所

洗面所

● 手順

1.リングの石が外れたりしていないかを確認する。

2.シンクの排水口をふさぎます。(万一の石落下時のため)

3.リングと歯ブラシに適当な水をかけます。

4.歯ブラシのブラシ部分に石鹸を適量塗布します。

5.まず表面を軟らかく磨きます。

6.続いてリング裏を比較的しっかりと(立爪の場合側面も)磨きます。

7.水道水をリングにかけ、石鹸を洗い流します。

8.石が落ちていないか再度確認します。

9.ティッシュで水を拭き取り乾かします。

5.6.の行程で、強く磨きすぎて地金に傷をつけないように注意して下さい。

石鹸水で汚れが落ちない場合、アンモニア水のご使用をお勧め致します。

これだけで見違えるほどダイヤモンドは綺麗になります。

是非お試しください。

長くお付き合いいただく為に

● ダイヤモンドについて

ダイヤモンドそれ自体は、地球上で最も固い物質です。

そのダイヤモンドを傷つけることが出来るのは、同じくダイヤモンドしかありません。

しかしそのダイヤモンドも、ある一定方向の鋭角的な強い衝撃には若干弱い性質があります。

そういった意味では、保管時には一つ一つ個別に保管することと、強い衝撃が加わる要因は避けた方が良いでしょう。

● セッティング枠について

ダイヤモンドルース セッティング枠の素材PT900(プラチナ900)は、純白に輝き貴金属的には非常に希少価値の高い素材でありますが、硬度的にはそれ程硬いものではありません。

PT900の硬度はスチール製の食器(お鍋 やかん等)と同等かそれよりも柔らかくなります。

そのため状態の強弱にもよりますが、何か別のものが接触する度に軽度から強度の磨耗や削れが生じます。

セッティング枠を出来るだけ綺麗に保つためには、何かをお持ちになられる場合や作業されます場合等、着用により他のものが当たる可能性がある場合、外されることをお勧め致します。

また、ダイヤモンドジュエリーをいつも綺麗に輝きを保つために、定期的に洗浄することや、その際にセッティング枠の留めの緩みや、爪の破損もチェックすることをお勧め致します。

何か不都合が見つかり次第、こちらからご相談いただく事が、永くご愛用いただく秘訣でもあります。

Copyright ©1997- Four-Cs Tsuchihashi Inc. All Rights Reserved.