ダイヤモンド鑑定書の見方 - 中央宝石研究所

Four-Cs

Grading Report Guide

ダイヤモンド鑑定書ガイド

フォーシーズが使用するダイヤモンドルース鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート)は、国内2大鑑定機関であるCGL(中央宝石研究所)とAGT(AGTジェムラボラトリー)並びに、GIA(米国宝石学会)の3鑑定機関となります。

CGL(中央宝石研究所)

1. SHAPE & CUT(形およびカット)

研磨されたダイヤモンドの外形とファセット配列を記載します。

ダイヤモンド シェイプについて

2. MEASUREMENT(寸法)

ガードル直径の最小と最大寸法、テーブルからキューレットまでの深さの寸法をダイアメンション装置で測定し、100分の1ミリ単位で表示します。

3. CARAT WEIGHT(重量)

常に正確なデジタル電子重量計で、1カラットの1000分の1まで測定し、表示します。

※0.2g(200mg)=1カラット

ダイヤモンド カラットについて

4. COLOR GRADE(カラーグレード)

GIAマスターストーン(JJA/AGL認定)を使用し、検査するダイヤモンドの色の濃さを判断し、カラーグレードとして表示します。

色の起源が天然(NATURAL)である旨の表記がされます。

ダイヤモンド カラーについて

5. CLARITY GRADE(クラリティグレード)

内部/表面の特徴の大きさ、性質、数、位置、反射、色などを考慮し、10倍の拡大により、クラリティグレードは決定されます。

ダイヤモンド クラリティについて

6. CUT GRADE(カットグレード)

プロポーション要素(プロポーションの各寸法については自動測定機ダイアメンションを使用)をGIA Facetware Cut Estimatorデータベース(3850万通り以上)で照合し、目視評価要素を経てExcellent、VeryGood、Good、Fair、Poorの各グレードに決定されます。

ダイヤモンド カットについて

7. FLUORESCENCE(蛍光性)

ダイヤモンドは長波紫外線下で発光することがあります。

この発光時の色及び強さを蛍光マスターストーンと比較して決定し記載します。

ダイヤモンド 蛍光性について

8. レポート番号

9. PROPORTION(プロポーション)

ダイヤモンドに施された面(ファセット)の角度や比率をGIA基準により記載します。

10. COMMENTS/REMARKS(その他/備考欄)

レポート内の記載以外のダイヤモンドの特徴やその他の情報をコメントします。

11. PLOT(プロット)

同じものが2つと無いダイヤモンドのインクルージョン(内包物)の特徴を図示したものです。

石の表面に限られた特徴は緑インクで、石の内部又は表面から内部に入っている特徴は赤インクで、カッターにより必要外につけられたファセット(面)は黒インクで、それぞれをレポート上に図示します。

CGL鑑定書は「図示省略」としてプロットを省略した廉価タイプも発行しておりますが、フォーシーズではプロットを省略せず鑑定機関にて正式に図示されたものをお届けしています。

プロット説明

CGLダイヤモンドグレーディングレポート照会サービス

CGL(中央宝石研究所)の発行するダイヤモンド鑑定書(過去5年分)もしくはソーティング(過去2年分)があれば、その情報をCGLのWEBサイト上で照会する事が出来るサービスです。

CGL Report Check >>

← 鑑定書の種類 AGT鑑定書 →

Copyright ©1997- Four-Cs Tsuchihashi Inc. All Rights Reserved.