ダイヤモンド鑑定書

Four-Cs

Diamond Grading Report

ダイヤモンド鑑定書

オーダーメイドの婚約指輪やダイヤモンドジュエリー、ダイヤモンドルース販売において、フォーシーズが使用するダイヤモンドルース鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート)は、

● CGL(中央宝石研究所)

● AGT(AGTジェムラボラトリー)

● GIA(米国宝石学会)

の3鑑定機関となります。

世界各国のダイヤモンド取引所において、国内2大鑑定機関であるCGLとAGTは評価が非常に厳しい事で有名です。

特にAGTは、アメリカGIAより厳しいというのが通説となっている程です。

国内2大鑑定機関は、日本が誇る世界でも有数の鑑定機関であると言えるでしょう。

CGL(中央宝石研究所)

CGLメインレポート H&C(ハート&キューピット)サブレポート HRD広告イメージ

メインレポート / H&C(ハート&キューピット)サブレポート / HRD広告イメージ

国内最大規模の鑑定機関、HRDと提携

国内最大規模の鑑定機関。

ベルギーに現地鑑定所をもち、HRD(ダイヤモンドハイカウンシル:アントワープを初めとするベルギー国内のダイヤモンド総括団体。ヨーロッパを代表する鑑定、教育機関でもあり、ヨーロッパ諸国ではアメリカGIAより権威がある。)と提携している。

国内で流通する宝石品質ダイヤモンドの大半を品質分析し、信頼性には定評がある。

また、その取り扱い量の多さから、業界標準と言われるまでになっている。

最新鋭機器の導入や新技術に積極的で、現在世界的な普及をみせるハートアンドキューピット(H&C)を世界で初めてダイヤモンドサブレポートとして添付、ダイヤモンドスパークレポートの開発等、この分野の先駆的存在。

東京ダイヤモンドミュージアム開設。

CGL鑑定書は「図示省略」としてプロットを省略した廉価タイプも発行しておりますが、フォーシーズではプロットを省略せず鑑定機関にて正式に図示されたものをお届けしています。

プロット説明

CGLダイヤモンドグレーディングレポート照会サービス

CGL(中央宝石研究所)の発行するダイヤモンド鑑定書(過去5年分)もしくはソーティング(過去2年分)があれば、その情報をCGLのWEBサイト上で照会する事が出来るサービスです。

CGL Report Check >>

AGT(AGTジェムラボラトリー)

AGTメインレポート H&C(華標)サブレポート

メインレポート / H&C(華標)サブレポート

GIAと提携していた信頼の鑑定機関

2015年まで4Cの生みの親であるGIA(米国宝石学会)と提携し、GIAジャパンのラボ部門と、日本におけるGIA G.G(Graduate Gemologist)の教育機関を担う。

厳正中立の客観的立場から、宝飾業界、消費者の保護及び利益に貢献する鑑定には定評がある。

最高品質のダイヤモンドには、今なおAGTプレミア(AGTでグレーディングされたものは他社より2~3パーセント高い)が存在するが、現実的にどの鑑定機関でもGIA G.Gが鑑定をしているという意味では、日本特有の現象とも言える。

GIA(Gemological Institute of America)

GIA Diamond Grading Report GIA広告イメージ

GIA Diamond Grading Report / GIA広告イメージ

4Cの生みの親

GIA(Gemological Institute of America = 米国宝石学会)。

1931年設立。

ジェモロジー(宝石学)の世界的教育機関。

現在10ヵ国14都市にキャンパスを持ち、宝石学教育を施している。

ダイアモンドグレーディングの世界標準、「4C = Four Cs(フォーシーズ)」はGIAが考案する。

GIA Diamond Dossier (GIA-D)

GIA Diamond Dossier (GIA-D)

GIA Diamond Dossier (GIA-D)

2カラット未満のダイヤモンドに限定された、GIAの小さめのミニ鑑定書。

国内ダイヤモンド輸入会社のGIA鑑定書は、GIA-Dを採用している場合が多い。

プロット(図によるブレミッシュやインクルージョンの表記)が省かれた、ダイヤモンドルース流通時の持ち運びに便利なGIA鑑定書です。

GIA TOKYO

2012年に開設。

日本におけるGIAのラボ部門を担う。

2016年以降は、G.Gを養成する教育機関をGIA JAPANから移行する。

GIA Report Check

GIA(米国宝石学会)は、ダイヤモンドガードルにGIAナンバーのレーザー刻印が入っています。

このGIAナンバーは鑑定書と同一のもので、GIAのWEBサイトでもご確認いただけます。

GIA Report Check >>

GIA(GIA-D)鑑定書付ダイヤモンドルースのご注意事項

● カラット表記は、CGLとAGT(国内鑑定機関)が小数点3桁、GIA(米国宝石学会)は小数点2桁となります。

● GIA(米国宝石学会)鑑定書に、レーザー刻印の写真は添付されません。

● GIA(米国宝石学会)は、ハートアンドキューピット(H&C)の判別は、レーザー刻印並びに鑑定書に施されたH&A(Hearts and Arrows の略)の記載のみとなり、国内鑑定機関の様なH&Cの写真が掲載されたサブレポートは付属致しません。

H&Aの刻印は任意のもので、H&Cが現れる全てのダイヤモンドに刻印されているわけではございません。

また、全ての3ExcellentのダイヤモンドにH&Cの現象が現れるとは限りません。

(H&Cの現象が現れない3Excellentの相場価格は、ノーマルExcellent相当まで下落致します。)

フォーシーズでは、H&Aの刻印・記載がないものに関しましては、H&Cの証明として国内鑑定機関のソーティングをお付けしています。

鑑定書の見方 →


FAQ:

ソーティングのみで鑑定書が必要ない場合は、お値段はお幾らになりますか?

関連リンク

CGL(中央宝石研究所)

AGT(AGTジェムラボラトリー)

GIA(米国宝石学会)

Copyright ©1997- Four-Cs Tsuchihashi Inc. All Rights Reserved.