Four-Cs

Answer

よくあるご質問、お答え

DカラーVS2、EカラーVS1、FカラーVVS2(カットは全て3ExH&C)では、どれが見た目綺麗に見えるでしょうか?

それぞれ相場価格の近似した3つのグレードでお悩みのことと存じ上げます。

全てのケースにおきまして、他の要因(ダイヤモンドのプロポーションに対する個人の感受性の違い等)により、綺麗に見えるものは異なりますので、あくまで他の要因が全く一緒と仮定しご返答させていただきます。

また、それぞれ隣り合ったグレードの境界線近くにある2つの石の比較では、その違いも殆ど無いと言えますので、それぞれグレードの範囲の中間地点にあるものと仮定します。

最初にクラリティグレードでございますが、物理的なインクルージョンの数・大きさ・色の濃さ等が大きく違ってまいりますのは、VVSとVSの境界線となりますので、厳密な意味でクラリティ要因の影響による綺麗さはVVS2>>VS1>VS2と言えるかと存じます。

カラーに関しましては、非常に微小な色の濃淡の違いとなり、枠付けしたダイヤモンドのそれぞれの色の違いは鑑定士でも判別不可能です。

ただ、結晶の歪や不純物元素の含有は、カラーが良くなるほど少なくなり光学的に優れてまいります。

そのためカラーグレードは高いほど良く、クラリティ要因をどの部分まで許容するかが選択の基準になってまいります。

先ほど厳密な意味でクラリティを言及しましたが、VS2であっても光線の通過を妨げる大きな内包物ではありません。

そのため、VS2(出来ればVS1)以上であればカラーグレードを優先することをお勧めしています。

※綺麗に見える理由に10倍以上に拡大したダイヤモンドの、内包物の無い透明感を含める場合、VS2はお勧め致しません。

※D、VS1がモアベターとなりますが、市場でも人気が高く相場もそれに比例しています。

それぞれ見た目には微小な僅差であり、甲乙付け難しでございますが、以上の理由からお勧めするならDカラーVS2になるかと存じ上げます。

Copyright ©1997- Four-Cs Tsuchihashi Inc. All Rights Reserved.