Four-Cs

Answer

よくあるご質問、お答え

婚約指輪にDカラー・IFとカラットが1段大きいEカラー・VVSとで悩んでおりますが、やはり大きい方が良いのでしょうか?

仰せの通り、特にDカラー並びにIFに強いこだわりが無い限りは、1段大きいカラットをお薦め申し上げます。

クラリティVS1~VVS2以上は、輝きに影響を与える程の影響力を持ったインクルージョンは皆無に近く、どちらかと申しますと希少価値の差が価格に影響を与えるため、輝きを重視する立場では、クラリティでVS1(出来ればVVS2)より上を目指すより他のグレードを上げることをお薦め申し上げます。

DカラーとEカラーは色という意味では、見分けは非常に難しくほぼ変わりません。

カラーの要因である結晶の歪や不純物元素の含有の程度はカラーが良いに越したことはございませんが、その差はカラットを上げることによる、輝きの総量の増加に勝るものではありません。

上記の理由よりご提示のグレードではカラット重視となりますが、より良いものをというお心遣いにより、究極のグレードをお選びになりたいお気持ちも分かります。

カラットというグレードは上限が無いため、上限のあるカラーやクラリティに目を向けがちですが、カラットこそが目に見えて明らかに差が分かるグレードであり、またカラット数が1段上がることは、飛躍的に希少価値が上がることでもあるのです。

最終的なご判断はお好みであり、それでもDカラーIFという選択肢も十分あるかと存じますし、どちらにされましても、とても綺麗な婚約指輪が出来上がることは間違いございません。

Copyright ©1997- Four-Cs Tsuchihashi Inc. All Rights Reserved.