Four-Cs

Quality or Weight

ダイヤモンド 4Cの優先順位(2)カラット

カラットの考察

ダイヤモンドのカラット単価は、0.3カラットから1カラットまでの範囲ですと、基本的に0.1カラット単位でカラット単価が高くなります。

同グレードであれば0.3カラットのカラット単価と、0.4カラットのカラット単価では、後者の方が高くなります。

カラット単価の上昇率は、0.3カラットから0.4カラットへは比較的緩やかであるのに対し、0.5カラットを超えた途端、上昇率が跳ね上がります。

0.7カラットを超える時、1カラットを超える時も同様です。

ダイヤモンドの相場におけるこの現象は、少なくともこの十数年間ほぼ世界的に同じで、結論として需要の多さ(人気の高さ)が起因しています。

大きさが変わらない0.4カラット後半のダイヤが0.5カラットに比べ一番お得だと仰せの方もおられます。

単に見た目の大きさでは正にその通りです。

ここで考えていただきたいのは、カラットは大きさの単位ではなく重さの単位であるという事です。

ダイヤモンドの価値をはかる方法が4Cであり、その中の1つであるカラットというグレードは、希少鉱物であるダイヤモンドが、何カラット以上の重さであるかが重要であり、価値がそこに存在し価格が決定されているのです。

ダイヤモンドのカラットに関しては、見た目の大きさにばかり目が向けられがちですが、実質的な価値の判断はどこでされているかも心の片隅に置いておく必要があるのです。

婚約指輪とカラット

現在、婚約指輪にセッティングされるダイヤモンドの主流は0.2カラット台で、それまでの0.3カラット台を抜いたという統計が出ています。

国内ブランドでご予算20~30万円ですと、0.3カラット台のものは、ほぼ購入できないのが主な要因だろうと考えます。

しかも、お客様のご予算に合わせ0.1カラット台のものまで品揃えがあるそうです。

お気持ちがまず第一とは存じますが、婚約指輪に対する女性の潜在的な憧れは現在でも薄れておらず、一生に一度の婚約という誓いに際し、リングトップについたダイヤモンドが0.2カラット未満では余りにも寂しい気がします。

ここでご考慮いただきたいのは、原石であっても研磨済みのダイヤモンドであっても、そのダイヤモンド自体にはブランドは存在しないという事です。

カラットが大きくなれば光の総体も大きくなり、よりダイヤモンドは輝いて見えます。

カラットに対する優先順位は、もっと高くなるべきだと考えています。

ダイヤモンドジュエリーのオーダーメイド

業界最安水準のダイヤモンドと洗練されたデザイン、受賞職人によるリーズナブルで高品質なダイヤモンドジュエリーのオーダーメイドをご提供します。

一粒ダイヤモンドネックレス

ダイヤモンドネックレス

ダイヤモンドネックレス永遠の定番、一粒ダイヤモンドネックレス。

一粒ダイヤモンドピアス

ダイヤモンドピアス

顔まわりを華やかに引き立てる、ダイヤモンドスタッドピアス。

Copyright ©1997- Four-Cs Tsuchihashi Inc. All Rights Reserved.