Four-Cs

Quality or Weight

ダイヤモンド 4Cの優先順位(6)カット(2)

カットの考察(2)

輝きの要素

ダイヤモンドの輝きは、ブリリアンス(目に戻ってくる光の総体)、ディスパージョン(ファイヤー・内部で光がスペクトル効果を生み虹色に変化する現象)、シンチュレーション(動くことによる特に表面のきらめき)の3要素で決まります。

ブリリアンスを重視するとテーブル径は広め、ディスパージョンを重視するとテーブル径は比較的狭めにするのが良いので、極限まで突き詰めていくと両者並び立たない微妙な関係です。

ブリリアンスはダイヤモンドを明るく、ディスパージョンは暗くなる半面、虹色の輝きが増します。

GIAがブリリアンスによってダイヤモンドが明るく感じる要素は、主観的に綺麗に輝いていると感じる理由として重要であるという見解のもと、AGLで理想的と考えられていたテーブル径の範囲を広げた事は、一部でカットグレードの評価が甘くなったという批評を受けました。

ダイヤモンドのブリリアンスとディスパージョンのどちらに魅力を感じるかで、そのダイヤモンドがより輝いて見える要素は人によって異なります。

またダイヤモンドの輝きは、その3要素がご覧になる環境によって異なる姿を見せるため、同じダイヤモンドを同じ人間が見ても、その時々で見え方は異なります。

そのため実際に店舗で見ただけでは、そのダイヤモンドの輝きの全てを把握する事は出来ず、公平な判断のために取り入れられたのがGIAの主観評価でもある訳です。

GIA公式の主観評価が、他の主観評価と異なる場合もあるでしょう。

システムも日々進歩しています。

現在カットの最高グレードであるトリプルエクセレントハートアンドキューピット(3Ex H&C)も、その全てが他の近似値にあるものと比べ、ブリリアンス並びにディスパージョンの両方で勝るとは言えませんが、その両方を重視しバランスを選んだものであると言えるでしょう。

ダイヤモンドジュエリーのオーダーメイド

業界最安水準のダイヤモンドと洗練されたデザイン、受賞職人によるリーズナブルで高品質なダイヤモンドジュエリーのオーダーメイドをご提供します。

一粒ダイヤモンドネックレス

ダイヤモンドネックレス

ダイヤモンドネックレス永遠の定番、一粒ダイヤモンドネックレス。

一粒ダイヤモンドピアス

ダイヤモンドピアス

顔まわりを華やかに引き立てる、ダイヤモンドスタッドピアス。

Copyright ©1997- Four-Cs Tsuchihashi Inc. All Rights Reserved.