Four-Cs

Famous Diamond

「ヨンカー」 THE JONKER

最高のダイヤモンドを取り巻く業界人の躍動

重量:原石726カラット

産地:南アフリカ ブレトリア、エランズフォンテン

上の写真は、ヨンカーの原石を持つシャーリーテンプル

1934年1月16日ヤコブス ヨンカーは18年の採掘作業の末、726カラットというこれまでで最大で最良のダイヤモンドを手にました。

その日の夜、ヨンカーの妻は完全武装の中、そのダイヤモンドを首に着けたと言われています。

採掘者の楽しみを終え、その巨大な原石はヨハネスブルグに運ばれました。

専門家たちはこれを激賞し、著名なダイヤモンド商であるアーネスト オッペンハイマーは「これまで見た中で最も素晴らしいダイヤモンド」と言い、デビアスのダイヤモンド査定官長H.W.チャップマンは「色(柔らかな絹の様なブルー)は現在ある最大級の石の中で最も美しく、1個の石にカットしたら世界で最も素晴らしい石となるであろう」と報告しました。

オッペンハイマーはこれを135,000ドルの値で買い取り、その直後ハリー ウィンストンに約70万ドルで売り渡しました。

ダイヤモンドのカッターを任せられたラザールキャプランは石を研究し、失敗の許されない非常に難しいダイヤモンドのカット工程を見事に終えた時、原石は12個の美しい石となりました。

最大のヨンカー1は142.90カラットで(後にクラリティグレードを上げるため再カットし125.65カラットになりました。)、エジプトのファルーク王に売り渡され、王はこれをネパールのラトナ女王に売りました。

そして1974年、ヨンカー1は日本の実業家に400万ドルで売られました。

ヨンカーの他の石を購入したと言われる人の中には、カブルタラのマハラジャやエリザベス アーデンがいます。

本文の参考資料並びにソース:GIA DIAMOND
Copyright ©1997- Four-Cs Tsuchihashi Inc. All Rights Reserved.